イソフラボンは、なぜバストアップに効果があるのでしょうか?

イソフラボンは最近よく聞く成分です。

そのイソフラボンがバストアップに効果があると言われています。

ではどうしてそのような効果があるのでしょうか。

イソフラボンというのは、大豆の胚芽に多く含まれている成分です。

大豆の成分であるイソフラボンは植物性エストロゲンとも言われます。

つまり女性ホルモンのエストロゲンと非常に似た働きがあることが分かったのです。

女性ホルモンを活性化し、女性の体を活発に促進する働きがあるのです。

そもそもバストアップさせるためには、乳腺細胞と脂肪細胞を増やさなければなりません。

それにはこの女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあるイソフラボンを摂りいれなければいけません。

そしてイソフラボンを摂り入れると、女性ホルモンの分泌が促進します。

それから乳腺の発達や乳房の脂肪の増加が促進されます。

結果的に、これがバストアップにつながります。

分かりやすく言えば、このエストロゲンには次のような効果があります。

まず肌や髪を女性らしく美しくたもちます。

次に女性らしい丸みを帯びた体をつくります。

エストロゲンにはこうした作用があります。

それが女性らしい体をつくるわけです。

そのことが女性のバストアップにつながるのです。

先ほど述べたように乳房の内部は乳腺や脂肪によって構成されています。

女性ホルモンは乳腺を作る段階で活性化しますから、人によっては豊かなバストを形成します。

このように定期的にイソフラボンを摂り入れていれば、必然的に女性ホルモンが活性化されますのでバストアップに効果があるのです。

イソフラボンが豊富な大豆製品の納豆や豆乳や豆腐などを、食事の時に意識して食べるといいです。
nattou

バストアップのエクササイズやマッサージも並行すると効果的です。

特にラシュシュを使ってマッサージするとバストのみ大きくなる成分が含まれるので効果が高いです。
レビュー→バストケアクリームのラシュシュの効果と特徴

入浴後に胸を下から持ちあげるようにして優しくマッサージすれば細胞が活性化されバストアップにつながります。
バストケアクリームのLaChouChou(ラ・シュシュ)