バストアップのツボで効果があるのはどこでしょうか?

女性の憧れであり、そして悩みでもあるバストアップ。

無理なダイエットを駆使したのに胸まで痩せてしまった。

そんな経験がある人も多いですね。

バストは脂肪の塊なので、各部位の脂肪と共に減少するのは自然なことなのです。

バストアップは胸筋を鍛えると良いといわれています。

これはバストを支える力をつける意味で重要視されているようです。

無理をせず、気軽にバストアップを目指したい女性はたくさんいることでしょう。

ここでは誰でも簡単に始められるバストアップのツボをご紹介いたします。

ツボは刺激することによって、皮膚から神経を通して体中の新陳代謝を活性化させることが可能です。

中府<ちゅうふ>:左右の鎖骨、肩の間接側の指1本分下にあります。

膺窓<ようそう>:鎖骨と乳房の中間点、乳房の中心から建てのライン、第3と第4助骨の間に位置します。

屋翳<おくえい>:乳房の中心から縦ライン上、乳房のふくらみの上にあります。

渕腋<えんえき>:左右わきの下、乳房とわきの中間で第3と第4助骨の間にあります。

天溪<てんけい>:乳房の中心から横のライン上、乳房の脇にあります。

乳根<にゅうこん>:乳房の中心から指2本分下方向、第5と第6肋骨の間にあります。

神封<しんぽう>:胸の谷間、乳房の内側下部のくぼみにあります。

以上がバストアップに効果があるツボです。

鍼を使うのは素人では無理なので、指を使って指圧するようにしましょう。

ツボ押しの具体的な方法は、親指の腹を使います。

息を吐きながら3秒くらいゆっくりと押します。
息を吸いながらゆっくり離して力を抜くと良いです。
5回くらい繰り返します。
強すぎるとよくないので気持ちよいくらいでゆっくり押すといいです。

食後30分以内や体調が悪い時は、ツボ押しはしないように注意です。

適度に運動もこなして効率よくバストアップを目指したいですね。

★ツボ押しだけでなくバストアップに効果があるマッサージクリームのラシュシュでマッサージをするさらに効果的です。
レビュー→バストケアクリームのラシュシュの効果と特徴

細胞が活性化されバストアップにつながります。
バストケアクリームのLaChouChou(ラ・シュシュ)