美乳のコツと本当の美乳とは?

美乳の定義をご存じですか?
胸が大きいのが美乳ではありません。

多くの人が知らない美乳の定義について詳しくみていきましょう。

美乳の定義は、実は決まりはありません。

男性の中には、大きい胸が美乳と思われている人もいるかもしれませんが、女性は大きさだけでなく、形などにもこだわる傾向があります。

胸はどうしても年齢とともに重力に負けて垂れてしまいます。

出産経験のある人は、どうしても垂れてしまいます。

そのような経緯から、大きさだけでなく、形にもこだわるのかもしれません。

あるアンケートの結果によりますと、おわんのような丸みのある胸、上向きのハリがある胸、左右差のない美しい胸が、女性が憧れるバストの条件として挙げられています。

さて、このように大きい胸が美乳ではなく、女性が考えている美乳になるために気を付けるべきことを紹介します。

美乳になるために気を付けたいこと1つ目は、運動するときはスポーツブラをつけることです。

運動をするときは、スポーツブラをつけて、できるだけ胸を激しく揺らさないようにすることが大切なポイントとなります。

美乳になるために気を付けたいこと2つ目は、広背筋を意識することです。

せっかく胸がキレイな形をしていても、姿勢が悪いと胸の形がわかりにくく、形が崩れてしまいます。

背中部分にある広背筋という筋肉を鍛えることが姿勢よくバストアップを図れます。

方法は、後ろ手でボールを持ち、そのまま肩甲骨を引き寄せるように腕を上げるようにな動きをするだけです。

背中の筋肉は、固くなりがちなので、無理のない範囲で行いましょう。

美乳を意識して、形の良い胸を保つように生活の中に取り入れてみてください。

◆さらに胸のボリュームアップで美乳を目指す時は、バストケアマッサージクリームのラ・シュシュを塗るのも効果的です。
バストケアクリームのラ・シュシュでバストアップ!
お風呂上がりに優しくマッサージするとバストアップしつつハリや艶もアップして美乳になっていきますよ。
公式サイト↓