下垂バストのケアにルーナ(LUNA)が活躍?

 

20代後半になると女性の体型は徐々に崩れていきます。

 

中でもバストの下垂は女性としてかなり気になりますよね。

 

バストは大きくても小さくても加齢や出産などによって垂れてきてしまいます。

 

ここで、バストが垂れてきているかどうかの判断基準を紹介しますので、ご自分のバストは大丈夫か確認してみましょう。

 

一般的に美しいバストというのは、鎖骨の中心と両乳首を結んだ腺でできる三角形が正三角形になっていると言われています。

 

その三角形が、もし縦長の二等辺三角形になっていたら、バストが垂れてきているということになりますので、バストケアにも本腰を入れましょう。

 

バストが垂れてしまう原因は、無理なダイエットであったり出産・授乳であったりと色々ありますが、ホルモンバランスの変化の影響をかなり大きくなっています。

 

ですから、このホルモンバランスを整えることがバストの下垂を食い止めるカギとなるんですよ。

 

ではどうしたらよいかというと、食生活ではキャベツやブロッコリー、アーモンドやピーナッツなどに含まれている

ボロンという成分を利用して、女性ホルモンのエストロゲンを活性化させていきましょう。

 

エストロゲン様の作用のある大豆イソフラボンの摂取もおすすめです。

 

また、既に食生活を含めて色々と気をつけているけど効果がイマイチという方には、女性ホルモンの変化に注目して開発されたサプリメントの「ルーナ(LUNA)」がおすすめです。

 

ルーナは、とくに垂れ乳が気になり始める30代・40代のバストの悩みはもちろん、女性の体調変化に至るまで総合的にケアしてくれるサプリメントです。

 

ルーナは単にバストアップ成分をふんだんに配合しているというものではなく、女性特有のカラダのリズムを整えてバストアップの土台をしっかりと築くところからサポートしてくれる、女性思いのサプリメントというところが特徴です。

 

排卵後から生理開始時までの黄体期と、生理終了後から排卵日までの卵胞期の2期に分け、それぞれの時期に合わせた成分が配合されたサプリメントを摂るようになっています。

 

女性のカラダの自然なリズムに合わせて飲み分けることで、ただ闇雲にバストアップ成分を摂り続けるよりもずっと効果を実感できるようになっているのが魅力なんです。

 

出産や授乳により垂れてしまったバストが気になる、いつまでも若々しく女性らしいスタイルを維持したい、PMS(月経前症候群)を改善したい、という方は、これらの願いにすべて対応する女性のためのルーナを、ぜひ試してみて下さいね。

 

こちらの人気記事もどうぞ。
ルーナ(LUNA)のメリットとデメリットの解決法