おっぱいが垂れる!防ぎ方を教えて!

女性らしい体形といえばしっかりとくびれたウエストにハリのあるおっぱい(バスト)。

年齢を重ねてもいつまでも理想の体でいたいですよね。

しかし年齢を重ねていくに連れておっぱいが垂れてきてしまっている…とお悩みのそこのあなた。

おっぱい(バスト)が垂れてしまうのを少しでも防ぐ方法があるのをご存知でしたか?

今回はおっぱいが垂れてしまうのを防ぐ方法についていくつかお話ししたいと思います。

〈おっぱいが垂れてしまうのを防ぐ方法〉

おっぱいが垂れてしまうのを防ぐ方法には以下の3点があります。

1.姿勢を正す

2.筋トレをする

3.たんぱく質を適量摂取する

まず1.姿勢を正すについて、普段から猫背で生活をしていませんでしょうか?

近年スマートフォンやタブレットの普及により、下を向いて過ごしたり、猫背で長時間過ごしている方が多くなっています。

また、昔に比べて徒歩で移動することが減ったために背筋が鍛えられなくなっています。

猫背になると背筋が衰えてしまい、胸が張れず、結果としておっぱいが垂れてしまうのです。

姿勢を正すことによって背筋が鍛えられ、基礎代謝量が増えて結果としてダイエット効果も期待できます。

普段から猫背気味のあなた、しっかりと背筋を正してダイエット効果も狙っちゃいましょう!

そして2.筋トレをするについて、筋トレをするとおっぱいがなくなると思っていませんか?

この筋トレはおっぱいの土台となる大胸筋を鍛えるために行います。

おっぱいは実は大胸筋という筋肉の上に脂肪が乗っているのです。

この大胸筋が衰えてしまうことによっておっぱいが垂れてしまうのです。

ジムでマシーンを使った筋トレをするのもよし、ネットにもたくさん大胸筋を鍛えるメニューが挙がっています。

大胸筋を鍛えてハリのある上向きのおっぱいを目指しましょう。

最後に3.たんぱく質を適量摂取するについて、筋トレをした後にたんぱく質を摂取することによって、大胸筋を維持・発達させることができます。

特に「畑のお肉」と呼ばれる豆腐には、たんぱく質だけではなく、イソフラボンも含まれており、女性らしいスタイルを維持するためにはもってこいの食品です。

良質なたんぱく質を適量摂取して筋肉を維持しましょう。

〈まとめ〉

いかがでしたか?

日常生活でちょっとの工夫をするだけでおっぱいが垂れてしまうのを防ぐことができます。

もしおっぱいが垂れることを気にしていているが、無理なダイエットをしているという場合、無理なダイエットはすぐにやめてください。

無理なダイエットもおっぱいが垂れてしまう原因をつくってしまうのです。

無理なダイエットはせずに、この記事を参考にして素敵なスタイルを維持してください!

◆バストアップしながらキレイなスタイルになりたい方はピンキープラスを飲むといいです。

プエラリアが入っていないので副作用の心配もなく綺麗にバストアップケアできる!と人気です。

垂れ乳ケアにもいいですよ。
ピンキープラスで産後の垂れ乳も改善する?

us