プエラリアの副作用には何がある?乳がんになりやすいという噂はなぜ?

バストアップしたいと思った時、どんなことをしますか?

少し前までは、バストアップのエクササイズなどがあったかと思いますが、今はサプリメントを飲むことでバストアップができるという、夢のような話に私は正直驚いています。

でも、詳しく調べると、プエラリアという成分がバストアップに効果が期待できるようですね。

プエラリアがバストアップと乳がんに、どのような関係があるのでしょうか。

そもそもプエラリアについてですが、亜熱帯地域の落葉樹林に生息するマメ科クズ科の植物です。

この根っこの部分に含まれていて、植物性エストロゲン・イソフラボンの含有率が高く、一般的にイソフラボンと言うと大豆を想像されるかもしれませんが、プエラリアは、大豆の約40倍ものエストロゲン・イソフラボンを含有しているのです。

ここで、エストロゲンという言葉が出てきましたが、エストロゲンとは、女性の乳房や腰周りなど、皮下脂肪を増やして女性らしい体を作る女性ホルモンの一種です。

女性ホルモンの一種だから、それを摂取することでバストアップ効果が得られるわけですね。

しかし、女性ホルモンには、エストロゲンとプリゲステロンと種類があり、エストロゲンは女性らしい体を作るホルモンに対し、プリゲステロンは妊娠をするためのホルモンです。

エストロゲンが増えすぎると、ホルモンバランスが崩れ、頭痛や吐き気、肌荒れや不正出血などの副作用が起こることがあると言われています。

ここから本題です。

プエラリアの服用と乳がんの因果関係について、科学的な根拠はありません。

しかし、乳がんを発症している場合、エストロゲンを服用すると、乳がん細胞の進行を早めてしまうことがわかっており、このことからプエラリアを摂取すると、乳がんの発症率が高く可能性があると言われているのかもしれません。

エストロゲンは、乳腺や子宮に働きかけるホルモンなので、過剰摂取はリスクが高くなるという考えですね。

そうは言うものの、反対にエストロゲンが少ないと、更年期障害が起こります。

他にも肌のハリがなくなったり、抜け毛が増えたり、色々な老化が進んできます。

何事もバランスが大切ということですね。

では、プエラリアの副作用を避けるための飲み方を紹介します。

まず大切なことは、1日の摂取目安量を守ることです。

まずは少なめから飲み始め様子を見ながら増やしていくこととし、決して1日の摂取目安量は超えないこと、過剰摂取はしないでください。

また飲む時期にもコツがあります。

生理中は、女性ホルモンの影響を受けやすいので控えると良いです。

その他、ピルを服用している場合や妊娠・授乳中、甲状腺異常がある場合、生殖系の病気がある場合、女性特有のガンがある場合、20未満など、女性ホルモンの働きがデリケートなので摂取は控えてください。

正しく服用することで、プエラリアの副作用は避けられると考えられます。

プエラリアの効果は高いので、必要以上に恐れることはないと思いますが、やはり心配な方、またプエラリアでは効果が得られなかったという方は、プエラリアが配合されていないバストアップ効果があるサプリメントもあります。

エクササイズなどもありますので、自分に合った方法を取り入れてみてくださいね。

◆プエラリアの副作用の心配もせず安心してバストアップしたいと思う場合は、ピンキープラスを飲むといいですよ。

プエラリアを全く含まず、別の安心成分でバストアップをサポートするからです。

ピンキープラスの口コミ効果!安全にバストアップは本当?

u