バストアップになるトレーニング9個

年齢とともにバストが垂れてしまったりハリがなくなってしまったり、様々なバストの悩みがあると思います。

姿勢や年齢、体重の変化や妊娠・出産など様々な原因により、バストは失われていきますが、簡単なトレーニングでバストアップが可能となります。

ここでは、バストアップのトレーニングを紹介しますが、トレーニングを始める前に、5〜10分程度ウォーミングアップをしてください。

これはケガを防ぐためです。

では、バストアップトレーニングを紹介します。

・バストアップ

1、椅子に座り背筋を真っ直ぐにします。

2、『1』の状態で、背もたれにつけます。

足は、床にしっかりとつけてください。

3、 両手に重り(水が入った500ミリのペットボトルなど)を持ち、胸の前で肩の高さまで上げます。

4、肘は体の側面で90度になるようにして、腕を完全に伸ばし切らないように上げることで、肘を傷めないようにし、5秒間キープし、ゆっくり戻し元のポジションに戻します。

これを5回、3セット繰り返します。

慣れてきたら、10回を3セットに増やします。

・胸筋を開くトレーニング

1、『バストアップ』と同じポジションで両手に負荷(重り)を持ち、手のひらを向い合せます。

肘は曲げた状態をキープし、腕を体の側面に広げます。

しっかりと息を吸うことがポイントです。

腕を閉める時は、息を吐きます。

まず初めてから1週間は5回3セットとし、翌週・翌々週は8回3セット行いましょう。

その次は、10回3セットを続けましょう。

・屈曲トレーニング

1、壁の前に立ち、肩幅に足を広げて、肩の高さに手のひらを壁につけます。

腕は、平行になるように伸ばします。

2、肘をゆっくりと曲げ、手は壁に着けたまま動かさず屈伸運動を繰り返します。

肘を一番低く曲げた状態で3秒間キープし、肘を伸ばします。

これを10回繰り返し、1分休憩して、また繰り返します。

・腕のストレッチ

まず、2キロくらいの重りを2つ用意します。

1、背筋を真っ直ぐ伸ばし、椅子に座り、足はしっかり床につけます。

2、重り2つをそれぞれ両手に持ち、腕が耳に触れるように真っ直ぐに伸ばします。

3、頭の上で重りをつけ、3秒数えて、『1』のポジションに戻します。

これをセットとセットの間に30秒の休憩を挟んで8回を3セット行いましょう。

最初は重りなしで行っても良いですよ。

・胸筋の重りを上げる

1、背筋をしっかり伸ばした状態で椅子に座ります。

両手には、それぞれ2〜5キロの重りを持ち、両手を真っ直ぐ伸ばし肘が90度になるまで曲げます。

2、腕を真っ直ぐ伸ばして『1』の最初のポジションに戻します。

肘を曲げるときは方の位置まで下げ、腕の下げ過ぎに注意しましょう。

8〜10回繰り返し、1分休んで、また繰り返し行います。

・平らなベンチで行うトレーニング

ジムなどにあるトレーニングマシン(ベンチ)を使ってのトレーニング法です。

・立った状態で

足を肩幅に開き、膝を少し曲げ両手に軽い重りを持ち、腕を肩の高さに伸ばして胸の中心に持っていきます。

腕は床と平行であることを常に心がけて、外側に広げます。

1セット8回、3セット行いましょう。

・手のひら圧迫

座った状態・立った状態どちらでも良いです。

胸の前で手のひらを合わせます。

肘は体から離れた状態にしてください。

手のひらを一定の力で圧迫し、20秒キープして休むということを4回繰り返します。

・重りを前方に

座った状態で行います。

両手に重りを持ち、両腕を前方に伸ばします。

最初、片腕を腕が頬に触れるまで伸ばし、元のポジション(胸の前)まで下げ、もう片方の腕も同様に上げてから下げるようにします。

各腕5回繰り返しましょう。

重りは、ペットボトルなどでできるので、特別なグッズを用意することなく家で簡単にできるので、是非行ってみてください。

◆さらに本格的にバストアップしたい時は、バストアップサプリも飲むと効果的です。

いろいろありますが、コスパも良いのがピンキープラスです。
ピンキープラスの口コミ効果!安全にバストアップは本当?
プエラリアを含まないので副作用の心配もなく安心してバストアップできる!と口コミでも人気なのがピンキープラスなのです。

ピンキープラス公式サイト↓
安全にバストアップサプリのpinky plus