バストアップにまつわる都市伝説の嘘とは何でしょうか?

 

バストにまつわる噂や様々な都市伝説があります。

 

これらは、本当のところどうなのでしょう。

 

例えば授乳をするとバストは垂れるのでしょうか?

 

これは、授乳をすることによってバストがたれるのではなく、妊娠することでバストはたれるのです。

 

妊娠するとバストは大きくなります。

 

産後授乳を続けている限り、バストの大きさは保たれます。

 

しかし授乳が終わると、バストは縮んでしまうので、それまで大きかったバストが下がってしまうのですね。

 

2つ目は、寝るときも常にブラをしているとバストはたれにくいという都市伝説は本当でしょうか。

 

これは、常にブラをしているとバストがたれないという根拠はありません。

 

従って、これは、ただの都市伝説であり本当ではありません。

 

バストがたれる原因を知れば、いつまでもバストがたれずにキープができるというものですね。

 

そもそもバストがたれる理由ですが、加齢とともに乳腺や脂肪を支える靭帯が伸びてしまうことや、バストの胸部組

織が脂肪に変わってしまうことが原因と言われています。

 

この他に、運動などでバストを激しく上下することも、バストがたれる原因になるとも言われています。

 

では、バストアップで良い形の胸を保つ秘訣はあるのでしょうか。

 

まず、ランニングなど運動をするときは、スポーツブラを着けて、バストが揺れることを防ぎましょう。

 

普段から、大胸筋を鍛えるために、腕立て伏せやダンベルなどを使って運動をすると良いでしょう。

 

また、タバコを吸う人はバストがたれやすいと言われているので、タバコは止めることが大切です。

 

体重の激しい増減もしないように維持することも大切です。

 

バストにまつわる噂を全て信じるのではなく、大切なことは守り、バストアップでいい形の胸を維持したいですね。

 

◆体の内側からバストアップして加齢でも垂れないおっぱいをキープするには、
ピンキープラスを飲むと良いです。

プエラリアが入っていないので副作用の心配もなく綺麗にバストアップケアできる!と人気です。
ピンキープラスの口コミ効果!安全にバストアップは本当?
安心安全な成分で綺麗な美ボディになりたいですね。